長野県のニュース

テニス見守る両陛下 軽井沢 思い出のコートで

思い出のテニスコートを訪れ、プレーヤーと話される天皇、皇后両陛下=26日午前10時57分、軽井沢町思い出のテニスコートを訪れ、プレーヤーと話される天皇、皇后両陛下=26日午前10時57分、軽井沢町
 北佐久郡軽井沢町で静養中の天皇、皇后両陛下は26日、同町の軽井沢会テニスコートを訪れ、テニスプレーヤーと交流された。両陛下が結婚前の1957(昭和32)年8月に出会った思い出の場所。この日、両陛下はテニスはせず、和やかな表情でコートを見つめていた。

 両陛下は午前10時50分すぎに訪れ、フェンス越しにプレーヤーと言葉を交わした。ベンチに座り、かつて一緒にプレーした人の名前も載る、今夏行われた「軽井沢国際テニストーナメント」の結果表も参考にしながらテニスをする人たちを見守った。30分ほど滞在した。

 案内した親睦団体の「軽井沢会」のテニス部委員長、諸戸清郎さん(68)によると、天皇陛下は部内トーナメントに参加して皇后さまと出会った頃の話をした。天皇陛下は、「変わらないですね」と懐かしんでいたという。

 両陛下は昨夏の静養中もこの場所を訪れた。

 両陛下は27日に群馬県草津町へ移り、同日は「第38回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」でコンサートを鑑賞する。29日に帰京する予定。

(8月26日)

長野県のニュース(8月26日)