長野県のニュース

来月30日に利用開始 伊那の中央道小黒川スマートIC

9月30日に開通する中央道小黒川スマートインターチェンジの出入り口付近=28日、伊那市西町9月30日に開通する中央道小黒川スマートインターチェンジの出入り口付近=28日、伊那市西町
 伊那市は28日、同市西町の中央道小黒川パーキングエリアに中日本高速道路(名古屋市)と整備中の「小黒川スマートインターチェンジ(IC)」が9月30日午後3時に開通すると発表した。県内の中央道で初めてのスマートIC。観光振興や企業誘致の促進が期待されている。

 市によると、同スマートICは自動料金収受システム(ETC)専用で、24時間の利用が可能。伊那ICから南に2・9キロ、駒ケ根ICから北に12・2キロの位置にある。総事業費は約14億8千万円で、このうち市が約4億円をかけて市道への取り付け道路などを整備している。

 伊那市の白鳥孝市長は28日の定例記者会見で「いよいよ待望のスマートICが供用開始となる」と述べ、災害時の支援環境が改善されることや観光振興などに期待感を示した。

(8月29日)

長野県のニュース(8月29日)