長野県のニュース

奥原帰国「応援が支え」 世界バドミントンV

バドミントン世界選手権女子シングルスで初優勝し、金メダルを胸に笑顔で帰国した奥原希望選手=29日午後3時25分、羽田空港バドミントン世界選手権女子シングルスで初優勝し、金メダルを胸に笑顔で帰国した奥原希望選手=29日午後3時25分、羽田空港
 27日まで英グラスゴーで行われたバドミントンの世界選手権に出場した日本選手団が29日、帰国した。シングルスで男女を通じて日本勢初の優勝をした奥原希望(のぞみ)選手(22)=大町市出身、日本ユニシス=は「一戦一戦苦しかったけれど、会場や日本からの応援の声が支えになって最後までシャトルを追えた」と笑顔で振り返った。

 奥原選手は「7月中旬に右脚のふくらはぎを痛めて不安があった」と明かしたが、準々決勝でリオデジャネイロ五輪金メダルのスペイン選手を撃破。決勝では同五輪の準決勝で敗れたインド選手を1時間50分に及ぶ接戦の末に破って頂点に立った。

(8月30日)

長野県のニュース(8月30日)