長野県のニュース

長野県立大 正式認可 来春開学 学生募集開始へ

 林芳正文部科学相は29日、県短大(長野市)を四年制化して来年4月に開学する長野県立大(同)の設置を認可した。これを受け、県は今月末にも詳しい入試情報などを記載した入学者選抜要項を発表し、学生募集を始める。

 文科相が昨年11月に大学設置・学校法人審議会(設置審)に諮問し、設置審は今月25日、設置を認可するよう文科相に答申していた。

 県立大は2学部3学科構成で、入学定員は計240人。内訳は「グローバルマネジメント学部グローバルマネジメント学科」が170人、「健康発達学部」の「食健康学科」が30人、「こども学科」が40人。県が設立主体となる公立大学法人が運営する。

 1年生は全員が学生寮「象山寮」に入り、2年次には海外短期研修「海外プログラム」に参加する。英語教育に力を入れるほか、対話重視の少人数教育も取り入れる。

 県は今後、学生募集説明会を開くなど募集活動を本格化させる。9月には入試の「サンプル問題」を公表することも検討している。

(8月30日)

長野県のニュース(8月30日)