長野県のニュース

広田逆転 10年ぶり頂点 第50回記念 県アマゴルフ

初日の2位から逆転し、10年ぶり2度目の優勝を飾った広田文雄(須坂市)初日の2位から逆転し、10年ぶり2度目の優勝を飾った広田文雄(須坂市)
 ゴルフの第50回記念県アマチュア選手権(信濃毎日新聞社、県ゴルフ協会など主催)の決勝ラウンド最終日は31日、長野市の長野カントリークラブ(CC)=7018ヤード、パー72=で行った。トップと1打差の2位で出た広田文雄(須坂市)がパープレーで回り、通算1オーバーの145で、初日首位の小沢玲央(松本市)を逆転。10年ぶり2度目の優勝を飾った。

 小沢は77と精彩を欠き、4位。優勝した広田と2打差の2位に、高橋昌也(佐久市)と過去3度優勝の小林浩之(諏訪市)の2人が入った。初日5位につけた昨年優勝の丸山雄也(白馬村)は78と崩れ、6位だった。

 最終日は138人が出場した。大会は18ホールのストロークプレーを2日間行って争った。

 広田、高橋、小林は、第35回全国都道府県対抗アマチュア選手権(10月25、26日、宮崎市UMKCC)に派遣される。

 第51回大会決勝ラウンドは来年8月29、30日、南長野ゴルフ倶楽部(長野市)で初開催する。

(9月1日)

長野県のニュース(9月1日)