長野県のニュース

スケルトン越コーチ 傷害疑いで書類送検

 スケルトン競技日本代表の越和宏コーチ(52)が、4年前に知人男性に暴行してけがを負わせたとして、傷害の疑いで長野中央署に書類送検されていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、越コーチは2013年、長野市内で競技関係者とバーベキューをしていた際、当時選手だった30代男性を押し倒すなどしてけがを負わせた疑いがある。越コーチは当時、酒を飲んでいたという。男性は14年夏に被害届を提出。同署は今年8月に書類送検した。

 男性によると、バーベキュー中に越コーチと関係者が口論になり、男性が止めに入ったところ、越コーチから長時間の説教を受けた。男性が立ち去ろうとしたところを後ろから押し倒され、肩や背中に擦り傷などを負ったという。

 越コーチは取材に「一切お話しすることはできません」とした。

 越コーチは、スケルトン競技の先駆者で、冬季五輪には02年のソルトレークシティー大会から3大会連続で出場した。

(9月2日)

長野県のニュース(9月2日)