長野県のニュース

災害復旧費含む補正予算案否決 山ノ内町会

 下高井郡山ノ内町議会は8日、本年度一般会計に4800万円を追加する補正予算案を賛成少数で否決した。議員側は、設計監理委託料162万円を計上した町内の「やまびこ広場」改修について町側の「説明不足」を反対理由に挙げた。ただ、同委託料を削除する修正動議を経ないまま採決したため、7、8月の豪雨で被害を受けた農地や道路の災害復旧費2300万円を含む補正予算案全体が否決されることになった。

 地方自治法では、「非常の災害」に伴う応急や復旧の施設のために必要な経費を削除、減額する議決が出た場合、町長は理由を示して、審議をやり直す「再議」を議会側に求めなければならない―と規定している。

 竹節義孝町長は本会議後、「法的根拠を含めて、どのように対応するか検討したい」と述べた。

 補正予算案は、議長を除く議員13人で採決し、賛成は5人にとどまった。

 やまびこ広場の改修は、噴水やバーベキュー広場などを設ける内容。町観光商工課によると、少子化対策や観光振興の一環で、設計監理委託料には概略設計や実施設計の費用が含まれている。

 採決前の質疑で、町側は広場改修の全体経費を「7千万〜8千万円くらい」とした上で、今回予定した補正で「概要図のようなものを作ろうと思う」と説明。討論では、予算案に反対の議員が「大掛かりな計画が予想されるが全員協議会での説明もない」と指摘した。

(9月9日)

長野県のニュース(9月9日)