長野県のニュース

上村愛子さん、白馬で講演 母校の後輩にエール

冬季五輪に5大会連続で出場した競技生活を振り返る上村さん冬季五輪に5大会連続で出場した競技生活を振り返る上村さん
 1998年長野冬季五輪から2014年ソチ冬季五輪まで、フリースタイルスキー女子モーグルで5大会連続で入賞した上村愛子さん(37)=東京=が14日、母校の白馬高校(北安曇郡白馬村)などに招かれ、白馬村ウイング21ホールで講演した。同校の生徒ら約300人を前に、大きな目標に向かって努力することの大切さを訴えた。

 上村さんは同校3年の時に長野五輪に出場して7位に入った。当時、里谷多英さんが女子モーグルで金メダルを獲得したのを目の当たりにし、「私も世界一になる」という思いが芽生えたと振り返った。

 身長156センチと小柄ながら、世界の大舞台で活躍したことについて、「ハンディを乗り越えようとすることが力になる。何事も前向きに捉えようとしていた」と話した。

 母校の後輩に対しては「若いうちに大きな目標を持ち、どれだけ時間を費やせるかで結果が出てくる。やりたいことを一生懸命やってほしい」と励ましの言葉を送った。

(9月15日)

長野県のニュース(9月15日)