長野県のニュース

プラネで生命誕生を疑似体験 飯田で映像や音楽と共に楽しむ

プラネタリウム番組の上映会で歌を披露する橋本さんプラネタリウム番組の上映会で歌を披露する橋本さん
 妊婦の胎内や出産直後の乳児の映像などを通して命の尊さを考えるプラネタリウム番組「LIFE いのち」の上映会が17日、飯田市で開かれた。監督で音楽も手掛けた歌手の橋本昌彦さん(37)=神戸市=が、会場で楽曲を披露。親子連れら約100人が、映像と歌声を楽しんだ。

 県看護協会飯田支部が市民開放講座として開いた。番組は25分間で、星空や、スウェーデンの科学写真家レナート・ニルソンさんが内視鏡で撮影した胎児の映像などを通じて、生命誕生の過程を「疑似体験」する。橋本さんが妻さやかさん(38)の出産を機に制作した楽曲「ぬくもりのきおく」や、書き下ろしの4曲が映像に合わせて流れる。

 橋本さんは、妊娠や育児を経験した母親や子どもたちを癒やすコンサートを続けており、番組は約1年半をかけて制作した。橋本さんは「親子が巡り合ったのは奇跡的な出来事だということを体験してもらいたい」。さやかさんも「子どものいじめや虐待といった問題がある中で、親子で心を癒やす時間を届けたい」と話していた。

 上映会に夫と参加した飯田市の主婦(35)は、2月に長男を出産したばかりといい、「映像で自分の出産の時を思い出し、歌声に気持ちが癒やされた。夫にも見てもらえて良かった」と話していた。

(9月18日)

長野県のニュース(9月18日)