長野県のニュース

八千穂高原以南の県内区間にIC3カ所設置 中部横断道

 国土交通省長野国道事務所は21日、中部横断道の八千穂高原インターチェンジ(IC、南佐久郡佐久穂町)―長坂ジャンクション(仮称、山梨県北杜市)間のうち県内区間の20キロ余に、ICを3カ所設置する方針を示した。同事務所によると、南佐久郡小海町内と南牧村海ノ口付近と、同村野辺山付近の3カ所で、松原湖(小海町)や野辺山高原(南牧村)などの観光地へのアクセス向上や、同郡川上村や南相木、北相木両村への接続の良さを考慮し、具体的な場所の検討を進める。

 中部横断道の県内基本計画区間について検討する、南佐久郡6町村と同事務所などの「計画調整会議」の初会合が21日、県庁で非公開で開かれ、終了後に同事務所が説明した。ルート選定については、現在3キロ幅で示しているルート帯を1キロ幅に絞り込む際に、災害時に広域迂回(うかい)とならないよう国道141号にできる限り並走させるとの考えも示した。1キロ幅のルート帯絞り込みやICの場所選定の時期は未定。

 同事務所や県によると、出席した町村から異論はなかったという。

(9月22日)

長野県のニュース(9月22日)