長野県のニュース

衆院選に備えポスター掲示場作り始まる 千曲の業者

衆院選の投開票日が10月22日になることを見込んでポスター掲示板作りを始めた千曲市の業者=21日衆院選の投開票日が10月22日になることを見込んでポスター掲示板作りを始めた千曲市の業者=21日
 10月に予想される衆院選に備え、看板業のシナノスクリーン工芸(千曲市)は21日、市町村の選挙管理委員会が設置するポスター掲示板の製作を始めた。毎回、県内外から大量の注文を受けるため、日程確定後では生産が追い付かないと判断。投開票日を「10月22日」と予想し、日付入りで作っている。

 この日は、早朝から従業員数人で、受注が予想される市町村選管名と投開票日の日付を掲示板に入れるなどの作業を開始。21日には県内の2市村から注文があったが、国政選挙では例年、県内市町村の7割ほどから注文を受けており、県外も含めると約1万枚を受注している。

 今回も大量の受注を見込み、連日深夜までの作業になる見込みだ。

 安部晋三首相が衆院を解散する方針との報道に、「あまりにも突然で驚いた」と同社の山口和夫社長(42)。「もし、選挙日程が予想と違ったら日付を修正して対応するしかない」と話していた。

(9月22日)

長野県のニュース(9月22日)