長野県のニュース

PCウイルス除去名目 60代男性が2万円被害

 中野署は23日、中野市の60代男性が、パソコンのウイルスを除去する名目でチャージ式プリペイドカードから2万円分をだまし取られたと発表した。特殊詐欺とみて調べている。

 同署によると、男性が自宅のパソコンでインターネットを利用中、画面に「ウイルスに感染しました。至急電話をかけてください」などと表示された。書かれていた電話番号に連絡すると、ネット関連会社を名乗る女性に「ウイルスを除去し、パソコンを使えるようにするには2万円が必要」と言われ、同市内のコンビニでプリペイドカードに2万円分をチャージ。女性の指示通り、自宅のパソコンでカード番号とセキュリティーコードを入力した。

 男性が不審に思い警察に相談したところ、2万円分がなくなっていることが分かった。

(9月24日)

長野県のニュース(9月24日)