長野県のニュース

田島征三さん囲み 小諸で「森の祭り」

おおたか静流さん(右)らの歌に合わせて絵筆を走らせる田島征三さん(右から3人目)おおたか静流さん(右)らの歌に合わせて絵筆を走らせる田島征三さん(右から3人目)
 「ちからたろう」「とべバッタ」などを手掛けた絵本作家で画家の田島征三さん(77)=静岡県=の世界を楽しむ「田島征三 森の祭り」が23日、小諸市山浦の喫茶店「茶房読書の森」で開かれた。木立のある広い庭を会場に、田島さんは多彩なゲストとの対談やパフォーマンスを披露、約130人が楽しんだ。

 田島さんの大型立体作品「どうらくオルガンちちんぷいぷい」が2013年に同店に移設されたのを縁に、その世界観を紹介する「祭り」を昨年から開いている。

 歌手のおおたか静流(しずる)さん(東京)らの即興演奏に合わせたライブペインティングでは、来場した子どもの遊ぶ声や虫の音も「飛び入り参加」。田島さんは1畳ほどの大きさの紙に筆を走らせ、色を重ねた。子ども2人と訪れた北佐久郡立科町の池田慶江さん(45)は「大人も子どもも自然も一体となった二度とない時間だった」と感激していた。

 小諸市の庭師和久井道夫さん(66)との対談では、国立ハンセン病療養所のある瀬戸内海・大島(香川県)で和久井さんも協力して造った庭「森の小径(こみち)」について話した。

 新作絵本「あめがふるふる」の原画展は30日まで、同店で開いている。

(9月24日)

長野県のニュース(9月24日)