長野県のニュース

「塩嶺大橋」10月14日開通 岡谷の国道20号バイパス

岡谷市の国道20号バイパスに完成した塩嶺大橋(国交省長野国道事務所提供)岡谷市の国道20号バイパスに完成した塩嶺大橋(国交省長野国道事務所提供)
 国土交通省長野国道事務所は25日、整備中の国道20号下諏訪岡谷バイパスのうち、岡谷市西部の山あいの第3工区(800メートル)を10月14日午後4時に開通させると発表した。現道は急カーブがあり、蛇行しているが、高さが最大27メートルの「塩嶺大橋」を設けたことで、バイパスはほぼ直線となり、冬季の円滑な交通につながるとしている。

 第3工区のうち、塩嶺大橋は長さ221メートル。塩尻市方面へは登坂車線を含め2車線、岡谷市方面へは1車線で幅2・5メートルの歩道も設けた。

 下諏訪岡谷バイパス計画は、岡谷市から諏訪郡下諏訪町までの延長5・4キロで、1992年度に着手。岡谷市北部を通る第2工区(2900メートル)は2003年度に完成し、残る岡谷市から下諏訪町までの第1工区(1700メートル)の完成年度は未定だが、用地買収や工事が進んでいる。

(9月26日)

長野県のニュース(9月26日)