長野県のニュース

公明、太田氏擁立を発表 比例北陸信越

記者会見する太田昌孝氏記者会見する太田昌孝氏
 公明党は26日、10月の衆院選比例代表北陸信越ブロック(定数11)に、党県本部代表の太田昌孝氏(56)=長野市=を擁立すると正式発表した。太田氏は県庁で記者会見し、「地域の課題、将来像を国につなげる。何としても勝利したい」と述べた。

 太田氏は長野市出身で創価大卒。同市職員、市議を経て2007年の県議選長野市区で初当選し、3期目だったが、26日に辞職した。同年から党県本部代表。

 消費増税時の軽減税率の実施や教育費負担の軽減など「まずは党の政策を訴える」と強調。災害などへの備えや、健康寿命の一層の延伸などにも取り組むとした。同ブロック選出の党中央幹事会会長で7期目の漆原良夫氏(72)の後継。漆原氏は会見に同席し、太田氏を激励した。

(9月27日)

長野県のニュース(9月27日)