長野県のニュース

11時52分 刻む鎮魂 御嶽山噴火3年追悼式 慰霊碑除幕

噴火発生時刻に合わせ黙とうをささげる遺族ら=27日午前11時52分、王滝村の松原スポーツ公園噴火発生時刻に合わせ黙とうをささげる遺族ら=27日午前11時52分、王滝村の松原スポーツ公園
 犠牲者58人、行方不明者5人を出した2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害から3年となった27日、山麓の木曽郡王滝村にある松原スポーツ公園で、今月建立された慰霊碑の除幕式と、追悼式が開かれた。出席した遺族らは、雲がかかった御嶽山の方向を望みながら犠牲者の冥福を祈るとともに、噴火災害を繰り返さないための思いを新たにした。

 式は、王滝村と同郡木曽町でつくる実行委員会が主催。遺族ら104人のほか、地元住民や国、長野県、麓の自治体の代表者ら計約230人が出席した。

 高さ3メートルの慰霊碑は、御嶽山から出た石で造られ、園内の高台に建立。京都・清水寺の森清範貫主が揮毫(きごう)した「鎮魂」の文字が刻まれた。傍らには犠牲者・行方不明者の名前を記した芳名碑、噴火の教訓を伝える銘文碑も置かれた。

 除幕式に続き、噴火発生時刻の午前11時52分に出席者全員で黙とうをささげた。

 実行委員長の瀬戸普・王滝村長は「ビジターセンターを設置し、活火山に対する理解と危険性を伝え、リアルタイムで火山活動を把握できる態勢の構築に取り組む」とあいさつ。遺族を代表し、犠牲になった諏訪市の荒井真友(まさとも)さん=当時(41)=の父親寿雄(ひさお)さん(75)=東御市=が、慰霊碑を前に「遺族は心のよりどころとして足を運び、犠牲者の冥福を祈りたい。さらなる火山防災のために活動を続け、教訓を後世に語り継いでいかなければならない」と述べた。この後、遺族や自治体、警察関係者らが献花した。

 戦後最悪となった御嶽山の噴火災害を巡っては、噴火当時、事前に噴火警戒レベルを引き上げなかった国などの責任を問い、今年1月以降、一部遺族や負傷者が損害賠償を求める訴訟を地裁松本支部に起こし係争中。8月に噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下げられたが、木曽町と王滝村は引き続き火口約1キロ圏内への立ち入りを規制している。

(9月27日)

長野県のニュース(9月27日)