長野県のニュース

修学旅行の思い出「フォト×俳句」78点 小布施中が文化祭で展示

修学旅行で作ったフォト×俳句を並べる生徒たち。それぞれの感性が楽しい修学旅行で作ったフォト×俳句を並べる生徒たち。それぞれの感性が楽しい
 上高井郡小布施町の小布施中3年生は28日、4月の修学旅行で1人1点ずつ作った「フォト×(かける)俳句」78点を校内に飾った。ひと味違う形で修学旅行の思い出を残そうと、京都で創作にチャレンジした作品の数々。29、30日に開く同校文化祭「第50回鳳凰(ほうおう)祭」で訪れた人に見てもらう。

 生徒たちは、奈良・京都への修学旅行の前に、信濃毎日新聞「フォト×俳句」欄の投稿者有志でつくる「信毎フォト×俳句クラブ」のメンバーから作り方のポイントを学習。京都では班ごとに、一日かけて街を巡った。今月、展示用に色紙の作品に仕上げた。

 鳥が水辺に立つ写真に「春の空この地はなれる時を待つ」と添えた作品や、スイーツの写真に「はるびよりたびのとちゅうでひとやすみ」と組み合わせた色紙が並ぶ。金閣寺は人気の被写体。「金閣寺とてもきれいですごかった」と、五七五で実感をストレートに言い切った生徒もいた。

 手書きの文字の大きさに変化を付けたり、写真を斜めに貼ったりと、色紙の中の配置にもそれぞれの工夫が見える。この日、作品を並べた保坂梨子(りこ)さん(15)は、桜が少しだけ咲き残った光景に寂しさを感じ、「待ってくれ過ぎゆく春に無情感」と詠んだ。「結構、頭を使ったので楽しかった」と話していた。

 鳳凰祭の一般公開は、29日午前8時45分〜午後3時、30日午前8時50分〜11時半。

(9月29日)

長野県のニュース(9月29日)