長野県のニュース

あす松本マラソン、花々をランナーの力に ゴールに彩り

花壇を設置する松本市建設業協会の会員ら=29日、松本市の県松本平広域公園陸上競技場前花壇を設置する松本市建設業協会の会員ら=29日、松本市の県松本平広域公園陸上競技場前
 10月1日に松本平で行われる「第1回松本マラソン」を前に、松本市建設業協会に加盟する約60社の作業員が29日、フィニッシュ地点の県松本平広域公園陸上競技場前に色とりどりの花を植えたプランター約400基を設置した。同市が発祥の「花いっぱい運動」にちなみ、花でもてなそうと大会実行委員会事務局の公募に応じたボランティアが育てた。

 50人ほどの作業員たちは、市かりがねサッカー場から軽トラックなどでマリーゴールドやニチニチソウなどを植えたプランターを搬入。競技場前の噴水を取り囲むように組んだ高さ60センチほどの鉄製の台に、花の色の配置に気を配りながら置いた。

 ボランティアは7月に公募し、86の団体・個人が大切に育てた。この日は同協会が搬入や設置への協力を申し出た。同協会の田内光一さん(65)は「ランナーの力が少しでも湧くといい」と話した。

 沿道の塩尻市広丘吉田地区では、同市の吉田一区の子どもたちがプランターで育てた花を飾り、大会を盛り上げる。塩尻ロータリークラブがプランター50基とテント1張りを贈った。

 松本マラソンは実行委員会と長野陸上競技協会が主催し、松本市と信濃毎日新聞社が共催。47都道府県と海外の計1万33人がエントリーしている。当日は午前8時半、市総合体育館前をスタートする。

(9月30日)

長野県のニュース(9月30日)