長野県のニュース

寺島氏 4区で出馬意向

 民進党による候補者調整が難航していた衆院長野3区元職の寺島義幸氏(64)は3日、希望の党(代表・小池百合子東京都知事)公認で長野4区から立候補する意向を固めた。同日午前、上田市内で開いた自身の後援会「千曲会」の緊急役員会合で伝えた。午後に千曲会の拡大役員会を開き、寺島氏は「その場で正式表明する」としている。

 民進は、2014年の前回選で3区で当選した旧維新の党出身の前職井出庸生氏(39)と、旧民主党出身の寺島氏による候補者調整が未決着だった。複数の関係者によると、希望は3区で井出氏を公認する方針。

 寺島氏は、12年の衆院選に立候補せず引退した羽田孜元首相(今年8月に死去)の後継として3区から出馬し、当選。前回選で落選した。

 衆院選を巡っては、4区は寺島氏のほかに、自民党前職の後藤茂之氏(61)と共産党新人の毛利栄子氏(66)が出馬を予定。3区は井出氏のほかに、自民前職の木内均氏(53)、共産新人の小金沢由佳氏(33)、諸派新人の及川幸久氏(57)が立候補を予定している。

(10月3日)

長野県のニュース(10月3日)