長野県のニュース

広域観光考える 全国の「空港」ロータリークラブがフォーラム

「地方空港と観光振興」と題して講演した久保田部長「地方空港と観光振興」と題して講演した久保田部長
 「空港」が名に付く全国のロータリークラブが一堂に会する第22回全国空港RCフォーラムが8日、松本市内のホテルで開かれた。国土交通省の久保田雅晴・航空ネットワーク部長が「地方空港と観光振興」をテーマに講演した。

 久保田部長は、国がインバウンド(海外誘客)を進める一環で今年、県営松本空港(松本市)を「訪日誘客支援空港」に選んだと説明。「観光客は市と市、県と県の境を考えないで動く」とし、官民の枠を超えて広域的な観光振興を一元的に担う組織「DMO」の活用などを提案した。

 フォーラムは全国各地で毎年開催。この日はホストの松本空港ロータリークラブ(松本市)を含め、北海道から九州まで八つのロータリークラブから約120人が参加した。地元の子どもたちによる歓迎演奏会もあった。

(10月9日)

長野県のニュース(10月9日)