長野県のニュース

小谷「塩の道」で11人、蜂に刺される ツアーで歩行中

 10日午前10時半ごろ、北安曇郡小谷村千国乙の旧千国街道「塩の道」を歩いていた三重県の60〜80代の男女11人が、キイロスズメバチとみられる蜂に刺された。同村や同郡白馬村の診療所で手当を受けたが、いずれも軽傷のもよう。小谷村によると、道沿いの空き家の軒先にあった巣から襲いかかったとみられる。

 大町署によると、三重県から29人が小谷村をツアーで訪れており、この日は山中などを通る塩の道を、栂池高原から村役場まで歩いていた。11人は役場近くで蜂に襲われ、各診療所を訪れた。このうち68歳の女性は、ショック症状が出て大町市の病院に移されたが、その後回復した。

 現場は、毎年5月の大型連休中に小谷村から白馬村を経て大町市まで3日間かけて歩く「塩の道祭り」のルート上。小谷村は近く、蜂の巣を撤去するという。

(10月11日)

長野県のニュース(10月11日)