長野県のニュース

斜面

灰色の地表にぽつんと丸い黒点が見える。月周回衛星「かぐや」のカメラがとらえた映像だ。場所は月の表側にある「マリウス丘」。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の分析で通常のクレーターとは異なる直径50メートルの縦穴と分かった

   ◆

それから8年。かぐやが縦穴付近に放った電波のデータを詳細に調べたところ、長さ50キロにわたって地下に広がる空洞が確認できた。深さが50メートルある縦穴は空洞につながっており、いわば入り口だ。これまで月面で見つかった縦穴は3カ所ほどしかない

   ◆

出入り可能な希少な地下空洞である。その内部は宇宙からの放射線や紫外線から人や機器を守ってくれる。月面では昼夜で250度以上とされる温度差も和らげられる。JAXAには日本人飛行士を2030年に月面に送る構想がある。月探査の基地の有力候補地にもなるだろう

   ◆

かぐやは2007年9月に地球を離れ、38万キロの旅をして月を周回した。地形や元素組成を調べたほか、灰色の地平線から昇る「地球の出」を撮影し届けてくれた。09年6月、使命を終え月面に落下した。直前の迫り来る地表の映像に目頭が熱くなった

   ◆

落下地には直径10メートルほどの小さなクレーターができたと推定される。竹の中から生まれ美しく成長し月に帰っていった「かぐや姫」の物語を思い起こす。地下空洞の発見はかぐやからの贈り物だ。近未来、降り立った宇宙飛行士が見上げると地球が青く輝いている。そんな想像に心が弾む。

(10月20日)

最近の斜面