長野県のニュース

VC長野、開幕に向け伊那で決意表明会

「必ず優勝します」と決意を語るVC長野の笹川監督(前列右端)と選手、コーチら「必ず優勝します」と決意を語るVC長野の笹川監督(前列右端)と選手、コーチら
 上伊那郡南箕輪村に拠点を置くバレーボールVリーグ男子・チャレンジリーグI(2部相当)のVC長野トライデンツは21日、今季開幕を11月4日に控え、決意表明会を伊那市で開いた。昨季はチャレンジリーグ1初参戦で3位。2年目を迎えて、選手らは飛躍を誓った。

 昨季は8チームが総当たりで3度ずつ対戦し、VC長野は13勝8敗。今季も同様のルールで、県内では岡谷、伊那、佐久市と下伊那郡高森町で計8試合を行う。

 今季は、チャレンジリーグ1で昨季優勝の大分でプレーした身長192センチの田中挙章(たかふみ)選手(27)が加入。「チームの優勝に貢献したい」と決意を語った。主力だったイスラエル出身のアレキサンダー・オソキン選手が退団したことから、笹川星哉(せいや)監督(32)は「大きな選手が欲しかった。田中選手にはブロックに期待している」と述べた。

 栗木勇主将(25)も「優勝できるよう精いっぱい頑張ります。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

(10月22日)

長野県のニュース(10月22日)