長野県のニュース

台風 県内でリンゴ落果相次ぐ

台風の影響で落果したリンゴを穴に廃棄する栽培農家の男性。「自然には勝てない」と肩を落とした=23日午前10時55分、高森町出原台風の影響で落果したリンゴを穴に廃棄する栽培農家の男性。「自然には勝てない」と肩を落とした=23日午前10時55分、高森町出原
 県内に23日未明から朝にかけて最接近した超大型の台風21号の影響で、9月の台風18号で被害を受けたばかりの各地のリンゴなどの果樹の落果被害が相次いだ。県が全県での被害状況を調べている。

 飯田下伊那地方では、これから収穫期を迎えるリンゴの「ふじ」を中心に落果が続出。みなみ信州農協(飯田市)によると、下伊那郡喬木村と豊丘村で被害が目立ち、多い地域では2、3割が落果した。リンゴや柿の幼木が倒れる被害などもあった。

 一方、飯山市では同日朝から、犬の散歩に出た52歳男性が行方不明になっており、飯山署などが捜索している。台風との関連も調べている。

(10月24日)

長野県のニュース(10月24日)