長野県のニュース

下条・井出氏 当面希望で 野党再編を見据え活動

 希望の党が25日に開いた両院議員懇談会には、同党公認で衆院選長野2区で返り咲いた下条みつ氏と、3区で当選した井出庸生氏がそろって出席、党の方向性や運営の在り方を巡って発言した。終了後、ともに野党再編を見据えつつ、当面は同党の一員として活動していく考えを明らかにした。【1面参照】

 懇談会は非公開。下条氏は取材に「政策をきちんと議論のテーブルに載せていこうと提案した。多くの皆さんも安全保障や憲法改正に対する姿勢は(民進党と)変わっていないという捉え方をしていた。その点で一致団結できて良かった」と述べた。

 一方、井出氏は取材に対し、懇談会で「『第2自民党』にはならず、徹底して野党として与党と闘うべきだ。首相指名選挙では、予算委などで安倍首相と論戦経験のある若手が良い」などと発言したと説明した。

 小池氏が「排除発言」を謝罪したことについて、下条氏は「反省が聞けたので胸のつかえが下りた」。井出氏は「その通りだと受け止めた」とした。

 今後、他党や民進系の無所属議員と連携する可能性について、下条氏は「数の論理もあるので大きく懐を広げていったらどうかという意見が多かった。議論を深め、だんだんとやっていくしかない」と述べた。井出氏は「大きい野党を諦めてはいない」とし、野党再編を引き続き模索していく姿勢を示した。

(10月26日)

長野県のニュース(10月26日)