長野県のニュース

信州総文祭へ 松本で「プレ大会」の総合開会式、高校生躍動

総合開会式の最終盤で会場に広がり盛り上げる生徒たち=28日、松本市のまつもと市民芸術館総合開会式の最終盤で会場に広がり盛り上げる生徒たち=28日、松本市のまつもと市民芸術館
 来年8月に県内で初めて開く全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」に向けたプレ大会の総合開会式が28日、松本市のまつもと市民芸術館で開かれた。県内の高校生約750人が、出演者や運営スタッフとして参加。来年の本番さながらにステージ発表を繰り広げた。

 演劇や合唱などプレ大会で実施する各部門の代表者が1人ずつステージに登場し、意気込みを交えた一言メッセージで活動の魅力をアピールした。その後は、都会で就職した若者が、松本に帰省して自分を見つめ直す物語の演劇を軸に舞台が進行。合間にバンド演奏やチアダンスなどの発表があり、会場を盛り上げた。

 プレ大会は既に各部門の催しが県内各地で始まっており、来年3月まで順次開催。総合開会式は、来年同じ会場で実施する開会式本番のリハーサルを兼ねて開き、学校関係者や保護者ら約千人が客席から見守った。同市中心市街地で予定していたパレードは雨で中止となった。

 2018信州総文祭は来年8月7〜11日、松本市など県内17市町を会場に開く。

(10月29日)

長野県のニュース(10月29日)