長野県のニュース

信濃が中野でBCリーグ優勝報告会・祝賀会

立食パーティーで話すファンと選手。優勝の喜びを分かち合った立食パーティーで話すファンと選手。優勝の喜びを分かち合った
 球団創設11年目の今季、プロ野球独立リーグのBCリーグ初優勝を果たした信濃グランセローズの報告会・祝賀会が28日、練習拠点がある中野市で行われた。本西厚博監督(55)やコーチ、選手、市内外のファンら約150人が快進撃の1年を振り返り、語り合った。

 市内の企業や団体でつくる中野ボールパーク・フェスタ実行委員会が開催。本西監督を先頭に選手らが会場入りするとファンが大きな拍手で迎えた。立食パーティーではファンが「よく頑張ったね」と選手をねぎらい、互いに飲み物をつぎあった。信濃のグッズが当たる抽選会もあった。

 信濃は今季、群馬ダイヤモンドペガサスとのBCリーグチャンピオンシップを3勝2敗で制し、リーグ初優勝。独立リーグ日本一を懸け、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスと対戦したグランドチャンピオンシップは2勝3敗で敗れた。

 本西監督はあいさつで「最高の1年でした」としつつ、「最後は本当に悔しい思いをした。(来季に)残る選手たちが必ずやってくれると信じている」と話した。選手も一人ずつ1年を振り返り「熱いご声援ありがとうございました」などと感謝した。

 上高井郡小布施町の農業小林広幸さん(52)は「選手をとても身近に感じた。来季も仲間を連れて球場に応援に行きたい」と話していた。

(10月29日)

長野県のニュース(10月29日)