長野県のニュース

阿部知事ら訪中 五輪で協力確認 河北省省長と会談

許省長(右)と会談する阿部知事=29日、河北省石家荘市許省長(右)と会談する阿部知事=29日、河北省石家荘市
 日中国交正常化45周年に合わせ、阿部守一知事や県日中友好協会員らが29日、訪中した。知事は同日、河北省石家荘市で許勤省長と会談。県と同省は1983(昭和58)年に友好提携しており、30年余にわたる友好交流をさらに発展させることを確認した。

 同省は2022年の北京冬季五輪・パラリンピックで、スキーやスノーボードの競技会場となる。会談で許省長は1998年の長野冬季五輪に触れ、「長野は優れた経験やノウハウを持っている」と協力を求めた。知事は「冬季五輪を成功させた経験を共有したい」と述べ、五輪運営のノウハウをまとめた報告書を贈った。

 また知事は、来年の友好提携35周年に合わせた許省長の来県を呼び掛け、「その際には県営松本空港(松本市)とを結ぶ国際チャーター便を飛ばしてほしい」と要請。許省長は「評価したい」と述べ、前向きな姿勢を示した。知事が東アジア地域の冬季スポーツの発信強化に向けて協力を求めたことにも賛同した。

 訪中団は知事を団長、県日中友好協会の高波謙二会長を副団長とし、同協会員や大学、観光関係者ら約60人で構成。滞在中、中日友好協会や北京市人民政府を訪れ、北京市とは冬季スポーツ分野の青少年交流に関する覚書を結ぶ。11月1日に帰国する。

(10月30日)

長野県のニュース(10月30日)