長野県のニュース

前原代表辞任 見切り発車の付け重く

 民進党が前原誠司代表の辞任を了承した。

 小池百合子東京都知事が率いる希望の党と合流を決めたのは失敗だったなどとし、前原氏は責任を取った。

 小池氏らと仕掛けた野党再編劇は迷走し、存在感を低下させただけだ。総選挙で有権者の支持や理解は広がりを見せず、与党を利する結果を招いた。

 自身が主導した全党的な合流は見切り発車だったと事実上認めている。付けは重く、辞任は当然と言わざるを得ない。

 前原氏は、9月初めの臨時党大会で代表に選出された。就任した際、「みんながみんなのために」との理念を打ち出し、自己責任社会と決別し、将来の社会像を明確に示すと訴えた。

 拙速な改憲への反対や安全保障関連法廃止など、安倍晋三政権との対決姿勢を鮮明にしていた。

 しかし、衆院解散に乗じ、小池氏が希望を立ち上げると、前原氏は賭けに出る。党内で丁寧な合意形成を図らないまま、合流を決めてしまった。党勢低迷を打開したい前原氏と、資金や組織力を当てにする小池氏の利害が一致したことが背景にあった。

 前原氏や小池氏の強引なやり方に反発する議員らが立憲民主党を結成するなど、野党第1党は四分五裂の状態に陥った。

 民進はもともと改憲や安保政策などを巡り、党内意見に大きな隔たりがあった。長く続いてきた寄り合い所帯は、「決められない政治」の要因ともされた。

 党が分裂し、理念や政策の異なる議員がたもとを分かったことで、以前よりもまとまりやすくなる面があるかもしれない。

 とは言っても、前途多難だ。民進は希望との合流を見送り、党籍の残る衆参議員と地方組織による党の存続を決めた。希望に参加する見通しの前原氏は民進が希望と立憲との橋渡し役になると語ったけれど、そんなに甘くない。

 参院の民進議員は党再生を模索している。岡田克也元代表をはじめとする衆院の無所属グループは希望、立憲双方との連携に力を入れるとの見方もある。小池氏の「排除」発言への不信感が根強く残る中、立憲と希望とのしこりがたやすく解けるとは思えない。

 安倍政権に対抗するための党の再生や野党再々編はいばらの道となりそうな気配だ。

 民進はきょう新しい代表を選出し、あす召集の特別国会に臨む。党の理念や政策、立ち位置に関して議論を深め、国民に丁寧に示さなければならない。

(10月31日)

最近の社説