長野県のニュース

9人遺棄事件 全容と背景の解明急げ

 命をこんなにも軽く扱えるものなのか。許し難い事件である。

 神奈川県座間市のアパートで、切断された計9人の遺体が見つかった。部屋に住む27歳の無職の男が1人への死体遺棄容疑で逮捕された。男は9人の殺害を認めている。計画的で猟奇的な連続殺人の可能性が高い。事件の全容解明を急がねばならない。

 犯行は男が8月下旬にアパートに引っ越した後、約2カ月の間に行われた。約1週間に1人のペースで殺害したことになる。

 被害者は女性8人、男性1人とみられ、10代後半から20代の若者と推定される。自殺願望があり、ツイッターで一緒に死んでくれる人を募集していたようだ。男は「自殺を手伝う」と伝えてアパートに連れ込み、殺害したと供述した。乱暴や金銭が目的だったと話してもいる。

 被害者と男の間で何が起きたのか、供述の裏付けが重要になる。自殺願望を受けた嘱託殺人となるのか、自殺願望を利用した殺人なのか、慎重な捜査が必要だ。

 男は遺体を浴室で解体し、一部はごみとして捨てている。頭部や骨はクーラーボックスなどに入れて、部屋の中に並べていた。周囲には異臭もしていた。平気で生活できていたとすれば精神状態も疑う必要がある。

 被害者の身元も分かっていない。警視庁捜査1課によると、首から下の胴体や腕、脚には刃物とみられる痕が残るなど激しい損傷があった。

 行方不明者としての届けが警察に出ていなければ、DNA鑑定でも突き止めるのは難しい。警視庁はあらゆる手を尽くして早急に身元を明らかにしてほしい。

 専門家によると、ネットで女性を誘う人たちの間では「自殺したい人の方が誘いに乗ってくる」と言われていた。生きることに絶望した若者たちが最後にたどり着いた場所が、命の尊厳をなんとも思わない男のアパートだとしたら、やりきれない。

 ツイッターで「自殺募集」と検索すると、「一緒に死ぬ人」を募集する書き込みであふれる。過去に社会問題化した自殺願望を書き込む掲示板「自殺サイト」と同じように、ツイッターなどのSNSが使われている。

 被害に遭ったとみられる女性はツイッターに「死にたいけど1人だと怖い」と書き込んでいた。思いを吐き出す人たちは、自殺の目前で踏みとどまっているともいえる。救いの手をさしのべる方法を社会全体で考えたい。

(11月2日)

最近の社説