長野県のニュース

県内トップ切り 軽井沢のスキー場オープン

ゲレンデで初滑りを楽しむ人たち=3日午前8時44分、軽井沢町ゲレンデで初滑りを楽しむ人たち=3日午前8時44分、軽井沢町
 県内スキー場のトップを切って、北佐久郡軽井沢町の軽井沢プリンスホテルスキー場が3日、今季の営業を始めた。周囲の紅葉が彩りを添えるゲレンデで、来場者が思い思いに初滑りを楽しんだ。

 10月9日から人工造雪機8基を稼働させ、全長約400メートル、幅約15メートル、厚さ約50センチの2コースを整備した。12月下旬には全10コースが滑走可能になる予定。来年4月1日まで営業する。

 この日は式典があり、県のPRキャラクター「アルクマ」などがデモ滑走を披露。来場者らがカウントダウンし、「オープン」の掛け声に合わせて、待ちわびた人たちがリフトに乗り込んだ。

 スキーを始めて4シーズン目という横浜市の小学3年生、紙透日陽(かみすきひなた)君(9)は講師と練習。「楽しい。スピードを感じられて気持ちいい」と笑顔を見せた。

 冬の観光誘客に取り組む官民組織「『スノーリゾート信州』プロモーション委員会」もデモンストレーターによるトークショーなどを開き、シーズン幕開けを祝った。

(11月4日)

長野県のニュース(11月4日)