長野県のニュース

長野で初氷観測 平年より1日遅く

 長野地方気象台は6日午前、長野市箱清水の敷地内で初氷を観測したと発表した。平年より1日遅く、昨年より1日早い。同日朝の県内は放射冷却の影響で冷え込み、開田高原の最低気温は氷点下3・9度と全国で6番目に低かった。

 県内の30観測地点のうち、11地点で今季最低を記録。開田高原の他は菅平が氷点下3・0度、立科同1・9度、佐久同1・8度、白馬同1・7度などだった。長野は1・7度で今季最低。平年より3・3度低く、11月下旬並みだった。

 同気象台によると、県内は7日も引き続き高気圧に覆われて晴れるが、気圧の谷や湿った空気の影響で朝晩は雲が広がりやすいとみられる。

(11月6日)

長野県のニュース(11月6日)