長野県のニュース

木曽町長に原氏が無投票再選

 任期満了に伴い7日告示された木曽郡木曽町長選は、現職の原久仁男氏(66)=無所属、新開=のほかに立候補者はなく、無投票で再選が決まった。同日告示された町議選(定数14)も、午前中に届け出た14人以外に立候補者はなく、無投票当選した。2005年に4町村の合併で木曽町が発足して以来、町長選、町議選とも、無投票は初めて。

 前回13年の町長選は新人同士の一騎打ちとなり、原氏が100票差の激戦を制した。原氏は今回、6月に立候補を表明した。当選後に開いた報告会で「2期目もしっかり町づくりに取り組む気持ちが強くなった」と強調。14年に噴火した御嶽山について「災害の教訓を風化させないために町も協力しながら(啓発活動をする)火山マイスターの育成に道筋をつけたい」と述べた。

 町議選の当選者は、現職11人、新人3人。党派別は共産2人、公明1人のほかは無所属。女性は3人。

(11月8日)

長野県のニュース(11月8日)