長野県のニュース

朝鮮通信使 記憶遺産登録を喜ぶ

 江戸時代の外交資料「朝鮮通信使に関する記録」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録された。朝鮮国王が徳川将軍家に派遣した外交使節団に関する資料である。

 一行が通った日本国内12都府県と韓国に残る文書、絵巻など300点余が登録された。両国間で摩擦が起きがちな中、友好の歴史を物語る資料が世界の人々に共有されることを喜びたい。

 日朝関係史に詳しい京都造形芸術大客員教授仲尾宏さんの「朝鮮通信使」によると、「通信」とはお互いが信(よしみ)を通わし合う意味だという。朝鮮王朝側では「日本通信使」と呼んだ。

 始まったのは1607年。豊臣秀吉の2度目の朝鮮出兵、慶長の役から10年後のことである。出兵で途絶えた関係を修復し、その後の友好関係のてこになった。

 朝鮮から中国へ赴く使節団が大国に仕える意味を含む「事大使」と呼ばれたことと対比すると、対等な立場で交流した通信使の意味がよりはっきりする。仲尾さんはそう書いている。

 1811年まで約200年の間に12回、徳川将軍の代替わりの際などに来日した。一行は医者、楽隊なども引き連れて300〜500人ほど。先進的な文物を日本に紹介した。沿道は見物客でにぎわったという。

 出発地の釜山と経由地の対馬では行列を復元したイベントが毎年開催されている。通信使の記憶は今も生きている。

 登録への運動は、日本側では関係自治体などでつくる朝鮮通信使縁地連絡協議会が、韓国側は釜山文化財団が担ってきた。政府ではなく、民間レベルの取り組みで実現したことも意義深い。

 秀吉の兵による残虐行為は韓国で今も語り継がれている。日本との協力に異論もある中での登録運動だったという。

 通信使の歴史を語るとき、外せない一人に対馬藩の朱子学者雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)がいる。朝鮮語に堪能で接遇役や助言役を務め、「誠心の交わり」という言葉を残した。互いに欺かず、争わず、真実をもって交わることを指す。

 「この記録には悲惨な戦争を経験した両国が平和な時代を構築し、これを維持していくための方法と知恵が凝縮されている」。縁地連と釜山文化財団がユネスコに提出した登録申請書にはこんなことが書いてある。

 芳洲の言葉と合わせ、心に留めておきたい一文だ。

(11月8日)

最近の社説