長野県のニュース

青空の下、長芋次々と 長野・松代で「秋掘り」

土の中から太い長芋を次々と掘り出す農家=10日午前10時3分、長野市松代町西寺尾土の中から太い長芋を次々と掘り出す農家=10日午前10時3分、長野市松代町西寺尾
 県内有数の長芋の産地である長野市松代町で、長芋の「秋掘り」が行われている。晴天に恵まれた10日、松代町西寺尾の畑では、農家が重機で掘った深さ約1メートルの溝から太い長芋を次々と掘り出した。

 1・2アールの畑で長芋を栽培する農家の清滝英之さん(74)は、7日に収穫を始め、1日150本ほどを掘り出す。「松代の長芋は粘り気が強く、ねっとりとした食感が絶妙。とろろや短冊切り、てんぷらにしてもおいしい。首都圏からの注文も多い」と清滝さん。「秋堀り」で全体の3〜4割に当たる約7千本を収穫し、残りは来春に行う「春掘り」まで土中で冬を越す。

 グリーン長野農協松代農業総合センター(長野市)によると、先月末に最接近した台風21号の影響で、同地区では一部の畑が冠水。収穫が1週間ほど遅れたものの、品質に問題はないという。同センターの担当者は「今年もおいしい長芋が取れてほっとしている」と話していた。

(11月10日)

長野県のニュース(11月10日)