長野県のニュース

総文祭 長野で競技かるたプレ大会 北信越の高校生、真剣勝負

小倉百人一首かるた部門のプレ大会で対戦する県内外の生徒たち小倉百人一首かるた部門のプレ大会で対戦する県内外の生徒たち
 来年8月に県内で初めて開く全国高校総合文化祭「2018信州総文祭」の小倉百人一首かるた部門のプレ大会が11、12日、長野市のホワイトリングで開かれた。県内4チームを含む北信越5県の計16チームが出場し、集中力を研ぎ澄ませて熱戦を繰り広げた。

 第29回北信越高校かるた選手権大会を兼ねて開催。今回、来年の信州総文祭に向けて参加チーム数を倍に増やした。1チーム5人の団体戦で、各県で複数のチームを作って11日の予選リーグと12日のトーナメントに臨んだ。

 選手たちは身を乗り出すように構え、一瞬の静寂の後に上の句が読まれると、畳をたたく音が会場内に響いた。長野Bチームの主将として出場した飯田高校(飯田市)2年の近藤真歩さん(16)は「総文祭は全国の選手と対戦できる貴重な機会。来年もメンバーに入って勝ち抜けるよう練習を重ねたい」と話した。

 運営を担った生徒部会の部長で下諏訪向陽高校(諏訪郡下諏訪町)2年の菅原暁野さん(17)は「選手が力を発揮できるような運営を心掛けました」と話していた。

(11月14日)

長野県のニュース(11月14日)