長野県のニュース

県縦断駅伝 長野市が初日トップ

区間賞の力走で初日首位のゴールに向かう長野市の12区・村沢智啓(県工業技術総合センター)=18日、岡谷市役所区間賞の力走で初日首位のゴールに向かう長野市の12区・村沢智啓(県工業技術総合センター)=18日、岡谷市役所
 第66回県縦断駅伝競走(信濃毎日新聞社、長野陸協、県教委、信毎文化事業財団主催、NTT東日本長野支店、長野日産自動車など協賛)は18日、地域を代表する15チームが出場し、長野市から岡谷市までの12区間119キロで初日のレースが行われ、7年ぶりの優勝が懸かる長野市が6時間29分54秒で首位に立った。

 長野市は、3、4区の連続区間賞で2位に浮上し、5区以降は2位をキープ。先行した全諏訪を10区でとらえた。4区から10区途中まで先頭を走り続けた全諏訪が2分14秒差で続き、4連覇を狙う上伊那は首位から4分16秒差の3位。メダル奪回を狙う飯田下伊那が4位、前回3位の上田東御小県が5位、全佐久が6位につけた。

 最終日の19日は、午前8時に松本市の松本城公園を一斉にスタート。飯田市の飯田合同庁舎までの10区間98・5キロでたすきをつなぎ、2日間の合計タイムで順位が決まる。

(11月19日)

長野県のニュース(11月19日)

日付で探す

ジャンルで探す

ニュースランキング
本日のTop10(12/14 00:00更新)