長野県のニュース

松商、熱戦制し連覇 全日本高校バレー県予選女子

松商学園−都市大塩尻 第5セット スパイクを決める松商学園の田貝(右奥)松商学園−都市大塩尻 第5セット スパイクを決める松商学園の田貝(右奥)
 バレーボールの全日本高校選手権県予選は19日、長野市ホワイトリングで男女の決勝を行い、女子は松商学園が2年連続16度目、男子は創造学園が5年連続7度目の優勝を果たした。

 接戦となった女子は、最終第5セットにもつれ込んだ。サイド攻撃で3連続得点を奪うなどリードを広げた松商学園が15―11で制し、3―2で東京都市大塩尻を下した。男子の創造学園は第1セットを落としたが、第2セットを終盤の連続得点で奪って流れをつかんだ。第3、4セットは大差で連取し、3―1で岡谷工に勝った。

 男女の優勝校は来年1月4〜8日に東京体育館で開く全国大会に出場する。組み合わせ抽選会は今年12月3日に行われる。

(11月20日)

長野県のニュース(11月20日)