長野県のニュース

冬山登山に備えビーコン20台贈る 救助機構が県教委に

原山隆一教育長(右)にビーコンを手渡す日本山岳救助機構合同会社の中嶋さん原山隆一教育長(右)にビーコンを手渡す日本山岳救助機構合同会社の中嶋さん
 日本山岳救助機構合同会社(東京)は21日、雪崩に遭った場合の捜索に役立つ「ビーコン」(電波発信器)20台を県教委に寄贈した。県教委は年内に10台を購入予定で、県山岳総合センター(大町市)の所有分23台と合わせると50台を超える見込み。今冬から、県内の高校山岳部の合宿などに役立て、冬山登山の安全確保対策を強化する。

 ビーコンは電源を入れると微弱な電波を発信。ビーコンを身に付けた登山者が雪に埋まった場合、捜索者は自身のビーコンを受信モードに切り替える。埋まった登山者が発する電波を捉えると、ビーコンの画面に「埋没地点までの距離と方向」が表示される。

 同社は遭難時の救助費を加入した会員で負担し合う制度を運営。県内で山岳遭難が多いため、対策に役立ちたいと会費の一部でビーコンを購入した。県庁で開いた寄贈式で、同社の中嶋正治・業務執行社員(69)は「ビーコンの使い方など安全対策を身に付けた上で、若いころから冬山登山の楽しさを味わってほしい」と述べた。

 栃木県で3月、登山講習中の高校生ら8人が死亡した雪崩事故を受け、長野県教委は10月、高校生の雪山登山の安全確保するための独自指針を決定。雪崩捜索に必要なビーコンなどを可能な限り携帯するよう求めている。県教委はビーコンを県高体連登山専門部に預け、雪山登山を計画する高校山岳部の指導者と生徒に貸し出す。

(11月22日)

長野県のニュース(11月22日)