長野県のニュース

教諭が生徒からかうLINE 上田市教育長が謝罪 

 上田市内の同じ中学校に勤務する男性教諭2人が無料通信アプリのLINE(ライン)で同校の女子生徒の身体的特徴をからかうようなやりとりをしていた問題で、同市の小林一雄教育長は21日、市役所で記者会見し「生徒の気持ちを優先するべき教師が、言動において生徒の心を傷つけてしまった。教育の信頼を深く傷つけた」と述べ、謝罪した。

 市教委によると、やりとりをしていたのは20代と40代の男性教諭。今月3日、学校外で教諭らと生徒が共に活動する機会があった際、複数の男子生徒が20代教諭のスマートフォンを見て、教諭2人がLINE上で女子生徒1人の身体的特徴についてやりとりをしているのを発見。その後、口伝えや会員制交流サイト(SNS)などでこのやりとりについて周囲に広まったという。

 5日、事実を知った市民が学校側に伝えて発覚。学校が男性教諭らに事実を確認した上で、11日に女子生徒の保護者に謝罪した。16日には全校集会を開き、校長が経緯を報告して謝罪、17日には保護者説明会を開いて謝罪した。

 男性教諭2人のLINE上のグループは、市内の別の学校に勤務する教員1人も加えた計3人のグループだった。

 小林教育長は「たとえ(LINEの)閉じた空間でも、自制する力がなければ資質を考え直さなければいけない。生徒の気持ちをおもんぱかるのが教師の務めだ」と指摘した。一方、「人事上の処分は県教委の権限」とした。

(11月22日)

長野県のニュース(11月22日)