長野県のニュース

長野五輪20周年で式典とコンサート ゲストに里谷さん・岡崎さんら

 長野冬季五輪・パラリンピックの20周年記念事業実行委員会(会長・加藤久雄長野市長)は21日、2月4日に長野市芸術館で開く記念式典と「アニバーサリーコンサート」の内容を発表した。県民でつくるオーケストラや合唱団、ダンスチームなど総勢800〜900人が出演。同五輪フリースタイルスキー女子モーグル金メダリストの里谷多英さん、スピードスケート女子500メートル銅メダリストの岡崎朋美さんらがゲストで話す。

 若い世代に両大会の記憶を伝え、平昌冬季五輪・パラリンピックや、20年の東京五輪への関心も高めてもらう狙い。オーケストラは県内のアマチュア奏者で構成し、合唱団は競技会場となった長野市、北佐久郡軽井沢町、北安曇郡白馬村、下高井郡山ノ内町、野沢温泉村の小学生らで編成した。

 コンサートでは、開閉会式で使われた行進曲や「WAになっておどろう」「故郷(ふるさと)」などのオーケストラ演奏や合唱、ダンスを披露。里谷さんや岡崎さんが当時の思い出を語る。東京五輪に向けた書家のパフォーマンスもある。

 当日は午後1時開演。入場無料。定員700人。鑑賞希望者は12月25日までに往復はがきで郵便番号、住所、氏名、電話番号、返信用の宛先を記入して「アニバーサリーコンサート募集係」宛に郵送(〒380―0813 長野市鶴賀緑町1605―18―305)する。1枚につき2人まで応募でき、希望者が定員を超えた場合は抽せんする。

(11月22日)

長野県のニュース(11月22日)