長野県のニュース

新型あずさ 水色の車内で「南ア」「梓川」表現

水色を基調にデザインされた新型車両の普通車の座席。可動式の枕を採用した水色を基調にデザインされた新型車両の普通車の座席。可動式の枕を採用した
 中央東線特急「スーパーあずさ」の新型車両「E353系」の試乗会が22日、松本―甲府間であった。カーブで速度を落とさずに走行するための装置に新たな機構を採用し、現行車両よりカーブでの傾きを抑えて乗り心地を改善させた。JR東日本は12月23日に新型車両の営業運転を始める。

 普通車の座席は「南アルプスと梓川のきよらかさ」をコンセプトに掲げ、水色が基調のデザイン。1993年導入の現行車両「E351系」は座席が緑や紫で、より明るい雰囲気を出した。車両の外装は南アルプスの雪を表現した白をベースとし、側面上部にあずさのイメージカラー、薄紫色のラインをあしらった。

 12月23日から松本―新宿間の「スーパーあずさ」の4往復に12両編成の3本を導入。順次増やし、「スーパーあずさ」「あずさ」の全便を新型車両に切り替えていく。

 JR東日本長野支社の伏田忠広運輸部長は「ビジネスとレジャー双方の利用者に快適に乗ってもらえる車両」と話している。

(11月23日)

長野県のニュース(11月23日)