長野県のニュース

小5、6英語 20年度教科化を前に 大町市、こま数先取り

 小学校の次期学習指導要領で2020年度に全面実施される5、6年生の英語の教科化と3、4年生の「外国語活動」の開始に向け、大町市は前倒しで来年度から英語の授業のこま数(1こま45分)を20年度と同数のそれぞれ年間70こま、同35こまにする。国は2年間の移行期間を設けており、3〜6年生は来年度から段階的にこま数を増やす計画。大町市教委は、段階的な移行はかえって教育現場が混乱する恐れがあるとしている。

 28日に開会した市議会12月定例会の冒頭あいさつで、牛越徹市長が明らかにした。文部科学省によると、移行期間内にこま数増加を前倒しすることは、学校長判断で可能。県教委教学指導課は「今後、前倒しを行うと表明する自治体は増えるのでは」とみている。

 聞く力や話す力を育むとする外国語活動は現在5、6年生を対象とし、年間35こま。正式な教科には位置付けられていない。

 20年度からは、5、6年生は成績が評価される正式な教科として年間70こまの授業を、3、4年生は外国語活動を同35こま受ける。国は段階的にこま数を増やすため、来年度から外国語活動を5、6年生は50こま、3、4年生は15こまを行うとしているが、同市では来年度から一気に20年度と同数にする。

 こま数の増加に対応するため、大町市は本年度から外国語指導助手(ALT)を2人から3人に増員。市内小学校の教諭らによる「外国語教育研究部会」で、授業時間の確保や指導方法などについて検討している。

 県内では上田市も同様の前倒しを明らかにしている。

(11月29日)

長野県のニュース(11月29日)