長野県のニュース

松本マラソン「満足」87% 出場者アンケート

松本市街地を駆け抜ける松本マラソンの参加者たち=10月1日松本市街地を駆け抜ける松本マラソンの参加者たち=10月1日
 松本市で10月1日に開いた「第1回松本マラソン」の実行委員会は1日、市内で総会を開き、大会に出場した一般ランナー対象のアンケート結果を報告した。参加した感想では「大変満足」(44・3%)と「やや満足」(42・7%)が合わせて87%に達し、満足度が高かったことをうかがわせた。

 調査は8498人に調査票を郵送し、1784人から回答を得た。調査期間は10月2〜31日。市民の声援や一体感を問う設問でも「大変満足」(78・4%)と「やや満足」(18・8%)が合わせて90%以上を占めた。

 地元の受け入れ態勢やイベントへの要望(複数回答)では「走り終わった後に温泉に入りたい」が56・7%で最多。「飲食、土産品の割引サービス」(44・7%)、「1カ所で楽しめるイベント会場」(29・8%)、「ランニンググッズの紹介・販売」(29・7%)と続いた。

 松本マラソンを身近な人に勧めたいかは「とても勧めたい」が33・4%、「まあ勧めたい」が55・8%。大会参加のために県内で支出した平均額は、飲食代が4740円と最も高く、土産代4253円などと続いた。実行委は今後、詳細な経済波及効果を調べるとしている。

 大会は、松本市制施行110周年を記念し、実行委員会と長野陸上競技協会が主催し、市と信濃毎日新聞社が共催した。ゲストランナーらを含む8611人が参加し、市総合体育館前から松本城を経て県松本平広域公園陸上競技場までのコースで行われた。

 実行委員長の井上保・松本商工会議所会頭は総会で「松本の新たなスポーツ文化として育っていくのではないか」と今後に期待した。

(12月2日)

長野県のニュース(12月2日)

日付で探す

ジャンルで探す

ニュースランキング
本日のTop10(12/14 00:00更新)