長野県のニュース

松本・千歳橋と大名町通りでイルミネーション点灯

松本市の中心市街地で始まったイルミネーションの点灯=2日夜松本市の中心市街地で始まったイルミネーションの点灯=2日夜
 松本市中心市街地の女鳥羽川に架かる千歳橋と、橋の北側を松本城公園まで延びる大名町通りで2日、恒例のイルミネーションの点灯が始まった。市や松本観光コンベンション協会、松本商店街連盟などの主催。白やピンクなどに輝く発光ダイオード(LED)電球約8万6千個の光が、冬の街並みを彩っている。

 大名町通りの今年のテーマは「冬の光の回廊」で、街路樹24本に8万個の白いLED電球を飾った。千歳橋上には約6千個を使っている。短大生の佐々木聖花さん(19)と森本真子さん(20)=ともに塩尻市=は、大名町通りで記念撮影。佐々木さんは「木が雪に包まれているみたいできれい」。森本さんは「(写真共有アプリの)インスタグラムに投稿してみようかな」と笑顔でつぶやいていた。

 点灯は、千歳橋が来年1月21日までの午後5時〜午前0時(20日〜来年1月3日は午前2時まで)。大名町通りは来年2月28日までで、午後5〜10時(20日〜来年1月3日は延長する予定)。

(12月3日)

長野県のニュース(12月3日)