長野県のニュース

八十二銀行・信学会 ママ行員支援へ連携

 八十二銀行(長野市)は3日までに、県内で幼稚園16園を運営する信学会(同)と提携した。人事異動に伴い、同行職員の子どもで3歳以上の未就学児がスムーズに入・転園できるようにすることなどが柱。女性職員のキャリア形成支援の一環で、同行によるとこうした提携は「全国的にも珍しい」(人事部)という。

 同行では通常、2月1日と7月1日に大規模な人事異動があり、約1週間前に内示する。公立保育園は原則として4月入園で、入・転園の申請手続きにも時間がかかる。提携により、信学会は空きがある幼稚園の情報を提供し、職員の個別事情に合わせて入・転園の相談に応じる。また仕事の都合により、午後7時までの延長利用が必要になった場合も臨機応変に対処する。

 同行は約3200人の正規職員のうち4割に当たる約1300人が女性。ほかに約千人のパート職員がおり、大半は女性だ。個人、法人の顧客を担当する渉外担当職員も多く、同行人事部は「柔軟に延長利用ができれば、顧客とのアポイントも入れやすくなる。女性のキャリア形成を促進し、顧客満足度の向上にもつなげたい」としている。

(12月4日)

長野県のニュース(12月4日)