長野県のニュース

「服や所持品捨てた」 坂城の遺棄 殺人疑い男ら供述

 長野市檀田の建設作業員西沢徳昭さん=当時(24)=が殺害され、遺体が埴科郡坂城町に遺棄された事件で、殺人の疑いで逮捕された知人の男らが、長野市内の神社で3月中旬に見つかった西沢さんの服や財布などが入ったかばんについて、神社に捨てたことを認める供述をしていることが5日、捜査関係者への取材で分かった。長野中央署の捜査本部は、遺体の身元を隠すなどの目的があったとみて調べている。

 捜査関係者によると、男らは「服や所持品を長野市内の神社に捨てた」などと供述しているという。遺体は6月の発見当時、下着1枚しか身に着けていなかった。神社で発見された服には血液が付着していたことから、捜査本部は西沢さん殺害後に捨てたとみている。

 逮捕されているのは、ともに長野市富竹で双子の兄の会社員前沢秀太朗容疑者(20)と、弟の建設作業員光司朗容疑者(20)、事件当時未成年で住所不定の会社員男(20)、住所不定の無職少年(18)。3月5日未明、西沢さんの自宅で、共謀して西沢さんの首を絞めて殺害した疑い。捜査本部は4人の認否を明らかにしていない。西沢さんと4人の間に何らかのトラブルがあったとみて動機などを調べている。

 捜査関係者によると、死体遺棄容疑についてはおおむね認めているという。

(12月6日)

長野県のニュース(12月6日)