長野県のニュース

6日未明の地震 筑北村の2軒で瓦落ちる

地震で落下した民家の屋根瓦=6日、筑北村西条地震で落下した民家の屋根瓦=6日、筑北村西条
 6日未明、県中部を震源とし、県中部と北部の広い範囲で最大震度4を観測した地震で、東筑摩郡筑北村では、住宅と空き家計2軒で瓦が落ちるなどの被害が確認された。

 同村西条の農業中沢博志さん(61)方では、住宅2階の屋根瓦が100枚以上落ちるなどの被害があった。中沢さんは発生時、揺れで目が覚め、倒れそうなテレビを手で押さえながら立っていたが、強い揺れが10秒ほど続いたという。「あんなに強い揺れは経験したことがない。収まった後に怖さが込み上げてきた」と語った。

 北安曇郡池田町によると、町内の民家1軒で屋根瓦が落ち、二つの土蔵で壁にひびが入った。同町会染の自宅の瓦が落ちた会社員勝野智英さん(57)は「ドシンという大きな縦揺れの後で横揺れが数十秒続いた。パラパラと音がして玄関を開けると大量の瓦が滝のように落ちてきた」と話した。

(12月7日)

長野県のニュース(12月7日)