長野県のニュース

全国高校駅伝で男子の佐久長聖が優勝、女子の長野東が2位の活躍

9年ぶり2度目の優勝を果たした佐久長聖のアンカー・山本嵐=24日、京都市西京極陸上競技場9年ぶり2度目の優勝を果たした佐久長聖のアンカー・山本嵐=24日、京都市西京極陸上競技場 大阪薫英女学院(左)を引き離し、女子県勢初のメダルとなる2位のゴールに向かう長野東のアンカー・小林成美=24日、京都市の西京極陸上競技場大阪薫英女学院(左)を引き離し、女子県勢初のメダルとなる2位のゴールに向かう長野東のアンカー・小林成美=24日、京都市の西京極陸上競技場
 全国高校駅伝は24日、京都市で行われ、第68回の男子(7区間42・195キロ)は佐久長聖が2時間2分44秒で9年ぶり2度目の優勝を飾った。第29回の女子(5区間21・0975キロ)は長野東が前回の6位を上回る県勢過去最高の2位に入り、県勢が男女そろって大活躍した。

 男子の佐久長聖は1区の中谷雄飛、2区の服部凱杏が連続区間賞で好スタートを切った。3区で倉敷(岡山)の外国人留学生に抜かれて2位に後退したものの、4区から倉敷を追走。6区で首位を奪い返すと、後続との差を広げた。優勝記録は大会歴代7位の好記録だった。

 女子の長野東は1区の和田有菜が2年連続区間賞の好発進。2区以降は仙台育英(宮城)に続く2位をキープし、最終区で並ばれた大阪薫英女学院に競り勝った。1時間7分41秒のゴールタイムは前回マークした県最高記録を1分13秒も更新した。

(12月25日)

長野県のニュース(12月25日)