長野県のニュース

観光や健康づくり 食を通じ連携確認 中央日本四県サミット

食を生かした観光振興や情報発信で連携することを確認した「中央日本四県サミット」=25日、静岡県富士市食を生かした観光振興や情報発信で連携することを確認した「中央日本四県サミット」=25日、静岡県富士市
 長野、新潟、山梨、静岡の4県の知事が集まる「中央日本四県サミット」は25日、静岡県富士市で開いた。「山の恵みを活(い)かした『食』に関わる取り組みの推進」をテーマに対談し、4県の食を通じた観光振興や情報発信、健康づくりへ向け、連携することを確認した。

 阿部守一知事は4県にある道の駅で、各県の食材や加工品の販売や、4県の道の駅を巡るスタンプラリーなどを実施する「食のフェスティバル」の開催など4項目を提案。静岡県の川勝平太知事は、同県や山梨県などを結ぶ中部横断道の開通を見据え、「(開通は)各県の食材を楽しんでもらう、いいきっかけになると思う」と述べた。

 新潟県の米山隆一知事は各県のアンテナショップで農林水産物をアピールするため、展示品の相互乗り入れを提案した。

 長野県の健康づくり県民運動「信州ACE(エース)プロジェクト」のように、各県とも食を通じた県民の健康づくりに取り組んでおり、互いに情報共有する方向で一致。川勝知事は2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、4県が協力して食の魅力を海外に発信することを提案し、阿部知事は「単独でやるより、一緒にやった方が効果的」とした。

 同サミットは阿部知事の呼び掛けで14年に始まり、4回目。18年度は長野で開催する予定だ。

(12月26日)

長野県のニュース(12月26日)